2016.07.04
このたびの『ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件』により
犠牲になられた方々と、そのご家族に対し、心より追悼の念を捧げます。

JBBC株式会社


JBBCの特長 バングラデシュの基本情報 安心・安全・信頼の進出サポート サポートの流れ
←「インデックスコラム」一覧に戻る
事業形態について(4)現地法人 ─ 独資か合弁か

資本形態の検討

現地法人を設立する場合、日本側独資とするのか、あるいは他社との合弁会社(ジョイントベンチャー)とするのかは重要な問題です。また、『合弁』といった場合は、通常は進出国の地場企業との合弁事業を指しますが、外資同士で組んで進出するという外資100%の合弁企業のケースも存在します。この『外資同士の合弁』の場合、日系企業同士で組むほか、日系企業と台湾/韓国/米国企業という例もあります。
進出相手国に適当なパートナーがいないといった場合でも、安易に自社独資という結論にせず、自社のいままでの海外展開のなかで合弁や提携などの実績があり、お互いに信頼感がある海外企業はないかどうか、よく考えてみる必要があるでしょう。他社と組むことができれば、資金はもちろん人材の不足を補える可能性もあります。当然ではありますが、双方にとって「Win-Win」の関係性を維持できるパートナーであることが前提です。
最近は大企業といえども、進出国が増加し、進出先マーケットへの対応のために、ヒト・モノ・カネのすべてを日本側で準備するというのは、あまりに自社の担うリスクが大きくなってきてしまっています。また、新興国の外部環境は不安定で動きが早いため、現地での製品販売戦略を日本側だけで策定することは、あまり現実的ではありません。今は正に合弁の長所を活かす時代といえるでしょう。
 

独資と合弁のメリット・デメリット

独資と合弁のメリット・デメリットとして、一般的な考え方の例は下記の通りです。事業の具体的な内容やパートナー企業によって様々ですので、その点は留意した上でご参照ください。

協業形態 投下資金 販売チャネル 製品の価格 製品・技術レベル 技術流出リスク 経営の自由度 撤退の困難度
輸出
生産委託
合弁
独資
資料請求・お問い合わせはこちら
書籍刊行

バングラデシュ総合情報サイト バンバン

ビザ申請


ツアー・セミナー

2017年6月20日

2017年4月28日






ブログ

2017年8月8日

2017年8月2日

リサーチ ペーパー

2017年4月26日

2015年6月9日


サービス一覧








主要な業界の紹介







よくある質問

プレスリリース

ゆめホテル バングラデシュ ダッカ市内

オンラインベンガル語(日本初)

オンライン英会話