2016.07.04
このたびの『ダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件』により
犠牲になられた方々と、そのご家族に対し、心より追悼の念を捧げます。

JBBC株式会社


JBBCの特長 バングラデシュの基本情報 安心・安全・信頼の進出サポート サポートの流れ
←「ブログ」一覧に戻る
ジャパン・バングラ・ビジネス・センター発足のお知らせ

ピクト株式会社(本社:東京都豊島区 代表取締役エムデ・モイン)は、成長著しい南アジア経済圏なかでもバングラデシュ、インド西ベンガル州、ミャンマーを主ターゲットにした地域専門性の高いコンサルティンググループ、ジャパン・バングラ・ビジネス・センター(JBBC)を7月1日に発足させることを正式に決定しました。当初は、ピクト株式会社内の一事業部門としてスタートいたしますが、近々に同グループ内の別法人として活動開始の予定です。

ピクト株式会社は、バングラデシュ出身のエムデ・モインが、知的フェアトレードをコンセプトに、2010年11月に設立し、現在までSkypeを利用したフィリピン在住講師と日本国内の会員間でのマンツーマンの目的コース別の多様なオンライン英会話レッスンを提供してまいりました。その間、数々のマスコミでのご紹介にも預かり、オンライン英会話ビジネスとは別に、数多くの企業や個人の方々から出身地であるバングラデシュへの投資の相談や、進出支援の要請を受けておりましたが、この度約2年半の準備期間を経て、ピクトのオンライン英会話ビジネスとは全く別個に、地域専門性の高い総合コンサルティングファーム、ジャパン・バングラ・ビジネス・センター(JBBC)を発足させることにしたものです。

近年ごく一部の日本企業が、経済成長著しいバングラデシュへその低廉かつ良質な労働力を求めて、工場進出してきましたが、ほとんどがアジア内での既存工場からの生産シフトでした。日本国内の一般企業に取って、国内から直接同国へ生産設備を移すには、ややハードルの高い地域であったことは間違いありません。しかしながら、既に中国・韓国の各企業は大挙して同国への参入を始めており、ここでも日本企業のフットワークの悪さが目立ってきています。同国の発展には、日本のODAが大きく寄与しているにもかかわらず、その果実をもぎ取っていくのは、中国、韓国の企業ばかりであるというのが現状です。

また実は同国は、日本より多い世界第7位(アジア第4位)の1億6千万人以上の人口を持つ潜在巨大消費市場でもあります。一人あたりのGDPはまだまだ低いものの急速に中産階級が育ちつつあり、首都ダッカには巨大ショッピングモールが次々と完成しております。加えて狭い国土と都市への人口集中による不動産価格の高騰は、世界中の投資家の注目を集めています。インド、中国を含むBRICsに続くNext 11の中でも、今後の伸びしろではNo.1かもしれません。

グローバル化が叫ばれる中で、日本人に足りないのは英語力であると主張し、安価かつ良質なオンライン英会話サービスを提供してきたピクトの創業者であるエムデ・モインが次に目指すのは、日本とバングラデシュの架け橋となり、両国の発展に寄与することです。

現地に不慣れな日本企業に対し、日本と現地の相違を十二分に理解したうえで、言語的、文化的、制度的に網羅的かつ徹底的にその企業活動をサポートする所存です。日本における投資セミナー開催、現地視察ツアー開催、市場調査・フィージビリティスタディ実施、それに続く法人設立手続き後も、継続的な税務、法務に関するご相談、さらには、異文化経営につきものの現地における人事マネジメントまで、包括的かつシームレスなコンサルティングをご提供申し上げます。

資料請求・お問い合わせはこちら
書籍刊行

バングラデシュ総合情報サイト バンバン

ビザ申請


ツアー・セミナー

2018年4月12日

2017年6月20日






ブログ

2017年8月8日

2017年8月2日

リサーチ ペーパー

2017年4月26日

2015年6月9日


サービス一覧








主要な業界の紹介







よくある質問

プレスリリース

ゆめホテル バングラデシュ ダッカ市内

オンラインベンガル語(日本初)

オンライン英会話